ショップジャパン スタッフブログ(仮)

ワンダーコア、セラフィット、トゥルースリーパーなどでおなじみのショップジャパン(Shop Japan)のスタッフブログです。 新商品やセール、イベント情報、お役たち情報などなど、みなさまにお届けしてまいります。

品質管理チーム紹介!

 

こんにちは!

最近太ってきたのでワンダーコアを始めようと

思っているSNSチームの吉永です!

「ショップジャパンの仕事ってどんなことしてるの?」興味を持っている方も多いのではないでしょうか? そんなショップジャパンの
裏側

をこれから少しづつ紹介していこうと思います!

まずは、ショップジャパンの

縁の下の力もちこと

品質管理をしている部署、

QA(クオリティアシュアランス)

チームをご紹介します!

※以下、QAと略しております。

 

QAチームは名古屋にあるため、今回は人事の松本が私たちに代わって、QAチームの昆野にインタビューしてきてくれました。

※余談ですが、SNSチームは東京オフィスにいます。

 

f:id:shopjapan_official:20150903160422j:plain

 (人事の松本。がんばります!)

--------------------------------------------------------------------

 

【SJのQAってどんな部署?】

松本(人事):今日はよろしくお願いします。

昆野(QA):はい、よろしくお願いします。

松本:では最初に、QAの業務について概要を教えてください。

昆野:海外の基準で海外のお客様に合わせて設計されたものを、日本のおもてなしの心を入れて、日本のお客様向けにローカライズしています。一般的に言われるメーカーの品質保証・品質管理の部署よりも、扱う商品も専門知識もとにかく幅広いです。

松本:なるほど。確かにショップジャパンの商品って、寝具、家電、DVDから化粧品まで、幅広いですからね。

昆野:その上で、販売戦略でPDCAを回すように、常に継続的に改善する必要があり、終わりのない仕事です。あと、実はお客さまとの接点がとにかく幅広いです。

松本:え?そうなんですか?

昆野:そうなんですよ。実は、商品の紹介方法、パッケージ、商品本体、取扱説明書、問合せに対する対応等、すべて品質保証に関わってきますので、かなりお客様と近い部署です。

松本:あぁなるほど!確かにそうですね。日々の業務で大変な事ってどんなことがありますか?

昆野:日本に無いものも含めて多様なジャンルの商品がどんどん海外から来ます。それらすべての安全担保に対応しないといけない。これがとにかく大変…(笑)

松本:安全担保というと?

昆野:日本の法律で定められた分類と、海外の法律での分類が異なるものが多くて、どのジャンルのどの基準で安全を満たせば日本のお客様に安心して使っていただけるのか、経験や知識から発想しないといけない。いかに日本での安全性を担保するのか、多様な商品を販売する上でとても重要な業務です。

松本:知識・経験・発想が必要、まさに職人!って感じですね。

 

f:id:shopjapan_official:20150904113457p:plain

(QAチームのデピュティーダイレクター、昆野。さわやかな笑顔でインタビューに応えてくれました。)

 

【QAとしてのこだわり】

松本:他社の品質管理部署との違いはどんなところですか?

昆野:そうですね、他社では一つの分野の専門家が多いですが、ショップジャパンの場合は一人が担当する商品がとにかく多岐にわたるので、広い分野で専門家にならないといけない。例えばもし「ショップジャパンでQAやってみたい」と思ってくださる方がいるとすれば、一つの分野を深く深く突き詰めて極めたい人よりは、幅広い分野の知識を深めたい、ずっとチャレンジできることが喜びだと思える人の方が合っている、と。こういうと分かりやすいかな?

松本:では、QAの皆さんの「業務でのこだわり」ってなんでしょうか?

昆野:そうですね、お客様からのご意見の、全部が全部実現できるとは限らないですが、その中でも一歩一歩、商品をより良く変えていくことが重要だと思っています。 日本には無い商品が多く、いくらプロとはいえ手さぐりの部分も多いので、お客様がどこまでの使いやすさや組み立てやすさ、収納のしやすさを求めているのかがわからないこともありますが、実際にお客様の声がきっかけで「やはりここがお客様のこだわりポイントなのか」と気づかせていただくことが多いので、お客様のご意見は本当に大事にしてこだわっているポイントです。

松本:やはり「お客様」なんですね。

昆野:そうです、そのお客様の声をいかに具現化していくのかが我々の仕事だからです。

 

【QAならではの体験?】

松本:ちょっと個人的に一番聞きたいところなんですが、「QAならではの特殊な体験」って何かありますか?

昆野:急な出張かな。朝9時に会社に来て、メールを見た直後に海外とTV会議して、10時には飛行機を手配しながら家族に3日分のパッキングを依頼、午後一番の飛行機で中国に出張、ということがありました。これが今までで最短かも(笑)

松本:えー!!急な出張のレベルが違いすぎます(笑)

昆野:あと、行き先が決まらないまま中国に飛べということもありました。まず空港に向かい、9時から空港で電話会議で行き先決めて、10時に中国に飛んだことも。

松本:また急ですね(笑) また飛行機だし。

昆野:そう。飛行機はしょっちゅう。新商品でリスクが高いもの(電化製品、大型商品)は立ち合いや現地での打ち合わせが必要ですし、商品に不具合が発生したらまずQAが生産している現場に飛ぶので、海外出張は日常茶飯事です。

 

【お客様へメッセージ】

松本:では最後に。このブログを読んでいるお客様にメッセージを。

昆野:世界中からユニークな商品をたくさんご紹介しているショップジャパンですが、我々だけがユニークだと思っていては意味が無い。お客様に快適に使っていただいて初めて「ユニークな良い商品」になります。その快適をお届けするのも、さらに安心して長く使っていただくのも我々QAの仕事だと思っています。そのためには、お客様のご意見がとても重要で不可欠なのです。これからもどしどし声をお寄せください。

松本:ありがとうございました。

 

f:id:shopjapan_official:20150902153125j:plain

(みんなで会議中のQAチームのみなさん)

 

 --------------------------------------------------------------------

 

いかがでしたか?まさに縁の下の力持ちにふさわしい部署ですよね。しかし海外出張の話はすごいですね。

 

今度はまた違うチームを紹介したいと思います。

(いつになるかわかりいませんが・・・)

楽しみにしてくださいね! 

 

© 2007 - 2016 OAK LAWN MARKETING, INC. All Rights Reserved.