ショップジャパン スタッフブログ(仮)

ワンダーコア、セラフィット、トゥルースリーパーなどでおなじみのショップジャパン(Shop Japan)のスタッフブログです。 新商品やセール、イベント情報、お役たち情報などなど、みなさまにお届けしてまいります。

アメリカのサンクスギビングの裏話

Hi there! ダートです。

アメリカで11月26日はサンクスギビングです。この日、親、義理親、親戚などの家族は誰かの家に集合して一緒に食事します。

 

普段のアメリカのサンクスギビングのイメージはこの感じかな?

f:id:shopjapan_official:20151119095839j:plain

笑顔、おばあちゃんは美味しそうのターキーを焼きました。家族の皆はテーブル周りに座って一緒に話しながら食べています。

 

でも裏話はもっと面白いです!

 

日本中の奥さんはこの気持ちわかるかも知れません。
初めて旦那のお母さんの為に料理を作ったとき・・・緊張!!!!
自分の調理方法と相手の方法は違う、味は違う、何か言うかもしれない・・・きゃ~モンスター母がやってきます!
親戚も家に来て、時間以内に美味しい食事といい思い出できるか考えて~ストレス!

f:id:shopjapan_official:20151119095841j:plain

 

もちろんサイドディッシュを作ると緊張しますが一番緊張するのはターキーの焼き方。ターキーを焼くのはとても難しです。長すぎると乾燥します。短すぎると食べられない。ターキーの中にいれる野菜などを焼く。
失敗するとサンクスギビングディナーは失敗になる。ストレスだね!

f:id:shopjapan_official:20151119095842j:plain

 

ストレスを減るためにバターボールというターキー会社は24時間の「ターキーのコールセンター」を用意しました。ターキーの焼き方についてサポートし、サンクスギビングに起こる精神的な問題もサポートします。

f:id:shopjapan_official:20151119100735j:plain

 

本当にあった3つのターキーストーリー

1)初サンクスギビングディナー

初めてサンクスギビングディナーを用意している新婚のお嫁さんのストレスは高すぎて、3時間以上押入で隠れていました。
実は前の日義理お母さんが家に来ました。
すべての食事の作り方を確認して、全部「違う」と言いました。
妻のため旦那がお母さんと一緒に紅葉を見るためのドライブに行きました。
お嫁さんは押入で大泣きしながらホットラインに電話して、オペレーターは一つ一つの問題を解決して4時間後には立派な夕食が準備できました。

 

2)初めてターキーカッティング
ある旦那は初めてターキーを切ろうと思ったら、骨ばかりで肉がない!
オペレーターと話したら結局ターキーは上下逆さまだった。裏返したら肉がたくさん、大喜び。

 

3)お母さんvs義理お母さん

新婚お嫁さんのお母さんと、義理のお母さんはキッチンで「ターキーが出来た」「出来上がってない」という大げんか。
困ったお嫁さんはオペレーターに電話しました。
お嫁さんはオペレーターが教えた通り、調理温度計をターキーに指します。
今の状態と、何が正しい温度かをお母さんと義理お母さんに教えます。
娘は自信満々でおすすめ通りに行動して、2人のお母さんはびっくりして、キッチンから出てしまいました。


サンクスギビングディナー家族と一緒に時間を過ごしながら一年間の「感謝したこ」とを思い出すイベントです。アメリカという大きな国、人種のサラダボウルからぶつかり合が多い、自分と相手の考え方、やり方は違うけど最後は必ず解決方法を見つけます。

サンクスギビングデーに感謝することは目の前ではなく、実はサンクスギビングデーの裏にありました。と・・・その裏は本当面白いね。

Happy Thanksgiving!

© 2007 - 2016 OAK LAWN MARKETING, INC. All Rights Reserved.